.
歌「ふたりのために」

読者の小磯清光さんが作った歌に、読者の坂部宏子さんが曲を付けてくださいました。今回で2回目ですね。このような出来事も小紙の励みになります。ありがとうございます。 作詞 小磯清光  作曲 坂部宏子

続きを読む
.
アーカイブ選『認知症がやってきた』

友だちが認知症になったら、どうしましょう!?読者の貴重な体験談をご紹介いたします。 認知症がやってきた 執筆者 吉田千秋89 大阪府豊中市 シルバーネットの連載期間2020年4月号~2021年2月号 ⑴   この物語りは […]

続きを読む
.
シルバーネットのカラオケ同好会が再開!

 コロナの影響で休んでいましたカラオケ同好会「 いちえの会」ですが、8月1日に再開いたしました。首を長くして待っていましたとばかりに30人以上の方が参加。受付を終えると、7つの部屋に別れて3時間たっぷり歌声を響かせていら […]

続きを読む
.
お便り/8月号の未掲載分+α

老後の生き甲斐、酒、煙草の復活について 水戸秀雄 88歳 青葉区栗生  厚生労働省の発表によると、2022年(1)日本人平均寿命は、男子81.47歳女子87.57歳、健康寿命は、男子72.68歳、女子75.38歳(2)6 […]

続きを読む
.
シルバーネット愛読者の集い

『シルバーネット愛読者の集い』が本日、開催されました。お会いしたことはないけど、川柳やエッセイ、絵手紙を送ってくださる方に「どんな方?」と想像だけ膨らませていましたが、ご対面でき、お話しもできて最高でした。「投稿はしてい […]

続きを読む
.
シルバー川柳”を用いた漫談 76歳の吉本芸人

シルバー川柳を自分で作り、それをネタに吉本芸人として活躍されている76歳の女性。凄いですね。

続きを読む
.
お便り/7月号の未掲載分

悩ましい延命治療の可否について 水戸秀雄 88歳 青葉区栗生  私と妻は後期高齢者です。基礎疾患である持病が悪化して自宅での生活が困難となり、昨年8月仙台市青葉区栗生の介護付高齢者住宅 Gに夫婦で入居し、介護のお世話にな […]

続きを読む
.
お便り/闘病記《奇跡の緩解》

(註:寛解/緩解(かんかい)とは、病気が完治していないが、症状が一時的または継続的に好転または消失すること。またそのような状態。【医学用語】) ジミー狩野(牧男) トロント・カナダ  朦朧(もうろう)としながら、身ぐるみ […]

続きを読む
.
愛読者のつどい

とても久しぶりになりますが、読者の集いを開催いたします。編集長ってどんな人?愛読者って?あの方も来るかな?買い物ついでに寄ってみようか…、ってな感じで遊びに来てください!「シニアネット一番町サロン」に行ったことが無いとい […]

続きを読む
.
『大沢悠里と毒蝮三太夫のGG放談』

『大沢悠里と毒蝮三太夫のGG放談』(毎週土曜日の午後3時頃に配信)という番組がスポティファイ(音楽配信サービス)でスタート。その中に『悠里と毒蝮がシルバー川柳を語る』という回があり、川柳をネタにしながら熱く語り合ってくだ […]

続きを読む